★春の里山を歩く(4/20)

オオムラサキと自然と人生

オオムラサキ自然公園の水車小屋と菜の花

■開催日:2019年4月20日(土)9:00受付 9:30出発
■集合場所:北杜市オオムラサキセンター
  北杜市長坂町富岡2812 駐車場
■距離:5KM
■道守:オオムラサキセンター学芸員
■参加費:¥1.000 (入館料¥420別途)

里山とはなんだろう

古き良き農村の風景を思い浮かべてください。里山を説明するのに、重要なポイントとして「雑木林」や「農耕地」などが上げられます。雑木林は人間の手で作られた人工林です。里山の生活では、雑木林でよくみられるクヌギやコナラを薪や炭として、落ち葉などは肥料として利用していました。燃料や肥料を得るために、人間は雑木林の適度な伐採や落ち葉の回収を行います。そして「森」が手入れされ、様々な生物の居心地のよい場所となっていったのです。

そしてもう一つの要素「農耕地」。農耕地は人間の食料を確保するための場所として、人間の手でつくりだされたものですが、様々な生物の住処として重要な役割を担っています。里山には、自然を理解し、自然と共生するために努力した先人達の知恵が詰まっています。そして、「地球に優しいライフスタイル」のシンボルとして、生物多様性の縮図として、今注目されています。

今日は、オオムラサキセンターの職員さんにそんなお話を伺いながら、自然と人生を考えてみましょう、なんてチョットオーバーですが(^^;)春爛漫の里を歩いて、私達は何を感じるのか、楽しみです。

◆集合・解散/ 各回9:00集合・受付開始~9:30出発 12:30頃解散
◆募集定員/30名(最小催行人数5名) 小雨決行
◆参加費用/¥1..000(各回共通・ガイドブック・お茶菓子・保険込)
     ※当日徴収 ※入館料¥420別途
◆お申込/申込フォームに記入の上、メールでお申し込み下さい
 ※又は下記の表にご記入の上FAXでもOKです。
  FAX宛先 020-4664-3434
◆申込締切り/開催日二日前 ※当日参加も可能ですが、
    配布物などをお渡しできない場合があります
◆持ち物/雨具 飲み物 おやつ 保険証 リュックサック
◆服装/歩きやすい靴 汗の吸収の良いアンダー 防寒のアウター
◆主催/そろんそろんフットパス推進委員会
◆協力/八ヶ岳歩こう会

FAX用紙 印刷してご利用ください
■ 参加日と行事名をお書きください
■お名前        (男女)生年月日               
■ご住所
■電話              ■携帯
■メールアドレス         ■参加人数
■同伴者氏名

ご参加をお待ちしております