そろんそろんフットパスとは

フットパスとは、「古い町並み」や「森や田園地帯」など、地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くことが出来る小径のことです。
そろんそろんとは、山梨県北杜市の増富地域に伝わる「のんびりゆっくりいきましょう」という意味合いの古い方言です。
二つ合わせて「のんびり町歩きを楽しみましょう」という意味の造語としました。

整備された遊歩道を歩くのも楽しいものですが、地域の生活に密着した小径や、里山の細道を歩くのも、新しい発見があって感動が一杯です。